血液センター向けのソリューション

世界の医療関連のサプライヤーは、最適なコストで最善の患者さん治療を提供していくことが共通の目標になってきています。しかしながら、医療関連施設は、この目標に向かって努力していくと、血液に関連した課題も含め、さまざまな課題に直面しています。

献血由来の血液は患者さんの治療にとって、極めて重要かつ救命の役割を果たしています。さらに、多くの医薬品はヒト由来の血漿から製造され、患者さんの生活の質を向上するための重要な役割を担っています。しかしながら、他の医療関連の供給者と同様、血液採取側ではさまざまな挑戦に直面しています。患者さんの輸血用血液および分画製剤業者で使用される血液に対する需要は増加してきています。しかしながら、献血者数が減少していくため、供給が需要に追いついていません。また、血液採取に対する法規制は年々厳しくなってきています。さまざまな検査要求および関連したコストは増加してきています。そして、血液採取側としてはこれらの挑戦に取り組みながら、同時に採算性の改善に向け努力してきています。

社内における研究開発や買収などを通して、ヘモネティクスは装置、ディスポーザブル、情報管理システム、およびサービスなどの血液管理のソリューションに関連した製品群の提供を拡大し、お客様がコストの削減を行い、患者さんの治療を改善する支援を行っています。

我々が目指している血液管理の定義はシンプルです

  • 必要としない患者さんへの輸血を防止すること、そして
  • 輸血を必要とする患者さんに適切なタイミングで適切な血液製品を提供すること

 

お客様の要望に合ったソリューション

血液センター事業本部の製品ラインでは成分採血製品を提供するとともに、血液供給の増加、マニュアルの血液採取プロセスの自動化、およびプロセスとコンプライアンスの中での効率改善をサポートします。ヘモネティクスの成分採血システムには患者さんへの輸血用血液製剤、血小板や血漿採取を目的としたCCS( MCSR+)ブランドのシステム、赤血球の凍結、解凍、洗浄を目的としたACPRブランドのシステムがあります。

献血量の備蓄減少に伴い、1回当たりの採取血液量の最適化が極めて重要です。ヘモネティクスの製品は献血時の血液採取と処理を自動化しています。自動化により、血漿、血小板などの目的とする血液成分のみを採取し処理することができ、その結果、採取効率ばかりでなく献血者と患者さんの安全性が向上します。そして、自動化により、献血者から採取する血液成分の収率を改善しています。

へモネティクスへのお問い合せ

閉じる